関西への引っ越しを安く上げるコツ

新生活に向けて、春先に多くみられるのが引っ越しです。時間や手間をかけることなく、スムーズに引っ越すことを望むのであれば、プロの業者に依頼するのが一番の方法でしょう。しかし一人暮らしで荷物が少なかったり、新居が近い場合には、自分で簡単に済ませられる場合もあるでしょう。単純に費用だけで比較するのであれば、自力で行った方がお得であることは間違いありません。しかし軽トラックを借りる費用やガソリン代、友人に手伝ってもらう場合には、謝礼を支払ったり、食事をごちそうする人も多いので、反対に割高になってしまうことも考えられます。そのため自力で引っ越そうと思った場合にも、複数の業者に見積もりをとり、費用の相場を知っておくことが大切になります。もしも関西へ引っ越しを行う場合に、どのようにすれば費用を抑えることができるのでしょうか。

忙しい時期や曜日を避けて利用しよう

引っ越し業者が最も忙しくなる時期は、新生活を始める人が多い春先です。利用者が急増するこの時期は、料金も高く設定していることがほとんどです。もしも関西へ急いで引っ越す必要がないのであれば、閑散期にあたる6月の梅雨の時期や11月から1月の時期を選ぶとよいでしょう。そして料金は、曜日によっても大きく異なります。土日、祝日は平日よりも高い料金設定であることがほとんどです。都合をつけられるのであれば、平日に利用すると料金を安く抑えることができます。さらに費用を抑えたいのであれば、平日の時間帯を指定しないプランを利用するとよいでしょう。これは日にちだけを予約しておき、時間帯は午後、正午以降などのように、大まかに決められます。しかし時間帯を指定しないプランは、作業開始が夕方や夜になることもあります。そのため終わるのが夜遅くということも考えられるので注意が必要です。

運送費用だけでなくオプション料金に気をつけよう

関西へ引っ越しをする場合に、多くの人は、費用がかかるのは運送費用と思いがちです。しかしそれ以外にも、様々なオプション費用がかかることになります。具体的な例としては、エアコンや温水洗浄便座、温水洗浄便座、テレビのアンテナの取り外し、取り付け作業などがあげられます。運送費用だけでなく、これらの工事費用もかかることを頭に入れておきましょう。エアコンの場合には一基につき1万5千円ほどかかることになるので、複数あるとそれだけ費用がかかります。古いものであれば処分することも検討するとよいでしょう。また不要になった家具や家電を処分する費用がかかることもあります。余裕があるのであれば、作業当日までに、リサイクルショップやネットオークションなどを上手に活用するとよいでしょう。自分で処分することで荷物を減らし、費用の足しにすることができます。